代表メッセージ

オフラインの方々を
オンラインに導きたい!

琉球HUB株式会社
代表取締役

喜屋武 元貴

「時代」を生きている

無限のクラウドストレージと超高速のネットワークがやってきます。
「紙」や「CD」が無くなって、全てのモノにチップが入り、
口の無いモノが喋りだし、手足の無いモノが動き出す。
消費者も生産者も時代の波に乗って上手に生きて行かなければならない。

消費者が広告塔になる

テレビの視聴率がYoutube動画の再生回数に変わりつつあります。
見たい時に見たいコンテンツを見るのです。
生産者の一方的な宣伝よりも、消費者のリアルレビューが人気です。
「インフルエンサー」(影響力のある人)の到来です。
「マスメディア」(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)は小さくなり、
情報の発信者と受信者が蜘蛛の巣状に繋がっている「ソーシャルメディア」、
SNS、ブログ、動画共有サービス、写真共有サービスが世界を動かします。

情報をコントロールできない

インターネットは「グローバル世界」を「ソーシャルメディア」は「オープンな世界」を構築しました。
企業が最も注意すべきは「消費者と同じ立場に在ること」でしょう。
良いサービスを提供し、SNSに積極的に参加し、消費者と仲良くなれば、
情報のコントロールはできなくても目的を達成できます。
消費者だけではございません、「BtoB」に於いても各々が情報の受発信を行わなければなりません。
積極的なコミュニケーションは今までの営業行為とは一線を画します。
足や電話を使わず、テキストと動画と写真を利用するのです。

琉球HUBが目指すもの

あらゆる業種にて、普段の仕事にプラスしてWEB関連の仕事も否応なしにやってきています。
WEB運用・営業のプロフェッショナルとして、琉球HUBは沖縄に密着した、オフラインとオンラインの中継役になります。